株式会社Dots

コラム

トップページ > コラム

2021/07/10オウンドメディアリクルーティングのコンテンツ内容について

前回のおさらい

オウンドメディアではどのような情報を載せれば良いでしょうか?

「詳細で豊富な情報」
・情報が少ない程、想像で補完するため、現実とのギャップが生まれやすくなる
・会う前に会社のことを知る機会は Web 以外ほとんど存在しない
・会社として都合が悪い情報も、求職者目線で考えた際にニーズがあるなら見せる
・情報豊富で透明性があること自体、企業に対する信頼性と好意を生み出す

 

「演出より臨場感・リアルさ・正直さ」
・広告的だけど曖昧なキラキラメッセージより、具体的でリアルな文章
・キレイに編集された言葉より、目の前で語りかけるような生々しい言葉
・イラストや有料写真ではなく、実際の仕事現場写真
・個性的な演出よりスタンダードなデザインで、実直で自然体の印象を
・良いことばかりでなく、悪いこと・辛いことも正直に見せ

オウンドメディアリクルーティング コンテンツの中身について

求職者の心理に応えるコンテンツを考えましょう! 例えば・・・

これらは実際に社員からアンケートを取った際に出てきた項目です。

「こんな情報があったら入りやすかった」「意思決定の助けになった」などの意見を寄せられたものをピックアップしてみました。会社側がこんなコンテンツ良いのでは!? と思って作るのも勿論 OK なのですが、求職者目線になることが大切です。

 

自慢したいことばかりを並べてはいけません! 実際にいる社員にアンケートや会話の機会を設け、「どんな情報があれば安心してウチに入りたくなるか」をその人が求職者に戻ったと過程して答えてもらいます。

 

年齢や性別もバラバラなほうが沢山の情報を取れるので、できれば色々な属性の社員にアンケートを取ってみましょう!

 

ちなみに時間を設け、ワークショップで行っている会社もあるそうですよ! 社員全員で採用に力を入れる会社は間違いなく採用力が向上します。 是非、貴社も会社全体で採用に重きを置いてみてください!

コンテンツの媒体

コンテンツの中身はわかった、しかしどんな媒体でどう出せば良いの? ということでお答えします。

 

結論、「基本は Web サイト上に写真と文章記載で OK」です。 動画や SNS も勿論効果的に使えるのであれば凄く大きな武器になります。

 

しかし、上手く撮影したり、扱えないと逆効果になりかねません。 社員に得意な方がいらっしゃれば協力してもらい、良いものを作りあげましょう。

それ以外は写真と文章、少しのレイアウト変更のみで OK です!

最後に

以上で第3回オウンドメディアリクルーティングについて終了いたします! いかがでしたでしょうか? 従業員様含む会社全体で採用力を上げ、貴社のカルチャーにマッチした人材を獲得されることを願っております。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

Copyright© 2019 株式会社 dots. All Rights Reserved.